スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、労働組合の原点に立ち返って (海釣りマン)

3・11の地震・津波・原発事故を見て、最初、街頭での救援カンパ活動をやりました。その時思ったのはこの大変な事態に労働組合は役に立つのか、何かできるのか、対応できるのか?ということでした。 

 なぜなら私が労組員だからです。役員ではなく普通の組合員です。労働組合の原点は「いのちとくらしを守る」と言われてきました。組合員だけの利益だけではなく、労働者民衆全体の利益を守る立場に立って活動する、とも言われてきました。

 福島の原発事故では、多くの住民の「いのちとくらし」が脅かされ現在も続いています。このような時こそ労働組合が動くべきだと思いました。労働組合こそ反原発を打ち出し、「国と東電の責任」を追及し、住民と連携しながら進んでほしいと思っています。

 残念ながら労組の全体の状況はかんばしくない中で、市民の行動は非常に重要だと思います。
 福島の人たちと連帯する、いうことを考えた場合、「ふくしま頑張れ」ではなく、自分の生活している所での、放射能対策や反原発の行動を起こすことが重要だと思います。
今回の「さよなら原発3.11ひらつかウォーク」の趣旨である、これまでデモなどには参加したことのない人たちも参加してもらえるように、ということに賛成です。

                                海釣りマン


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ひらつかうぉーく

Author:ひらつかうぉーく
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。