スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひらつかウォーク集会宣言

「さよなら原発3.11ひらつかウォーク」集会宣言



 1年前の今日、巨大な地震と津波によって、あまりにも多くの方々が亡くなり、また行方不明となり、そして数多くの避難者は今なお過酷な状況に置かれています。加えて福島では、原発が次々とメルトダウンの末に爆発し、放射性物質を大量にまき散らしました。建屋の壁を吹き飛ばし、

 黒煙を数百メートルも吹きあげるそのテレビ映像は核爆発を想起させ、絶対に忘れることは出ません。ここに「原発安全神話」は完全に崩壊し、「想定外」と責任逃れをしていた国と東電のウソが次々に明らかになっています。「核のゴミ」に関しても国内最終処分場の確保はおろか、その管理技術さえ確立していないのが現実なのです。また、原発労働者の被曝を前提とした原子力発電は絶対に許せません。このような原発は、決して人類と共存することはできないのです。



「原発さえなければ」という悔しさと怒りは、「国と東電の責任追及」「すべての原発の即時停止」の声となり、原発反対の行動に多くの人々が立ち上がりました。昨年9月19日の脱原発集会では6万人参加の画期的な大集会となりました。稼働原発は残り2基。5月には全基停止です。再稼働がなければ全原発停止・廃炉の展望が開けます。しかし、野田政権は「冷温停止状態」の発表、事故収束宣言、原発再稼働を公言し、さらに輸出により他国にまでその被害を拡大しようとしています。原発がなくても電力は確保できるのになぜ野田政権は再稼働を急ぐのでしょうか。


 
 東京電力福島原発事故は住民に高線量の被曝を強制し、多くの人々を、住まい・職場・ふるさとから追い出し、苦難と涙をもたらしてきました。しかしながら国・東電ほか誰も責任を問われていません。原発の再稼働を阻止するためには、国・東電による原発事故の加害責任を明らかにし、

 全被災者へ謝罪させると共に、二度と同じ罪を犯さないことを認めさせる必要があります。財界・マスコミ・御用学者の責任も重大です。全被災者の治療・補償・避難・生活再建などが直ちに実施されなくてはなりません。また私たち自身の責任も問い返していく必要があります。特に、子どもたちの現在と未来を、私たちは守る責任があるからです。これまでの自分を変え、社会のあり方を変える力を示して行きましょう。

 

 原発再稼働を許すのか、それとも原発の廃炉を願う人々の願いの実現か。この重大な選択の行く先は私たち一人ひとりの行動にかかっています。3.11は被災者か否かを問わず、大切な日と

なりました。福島の現実に寄り添いながら、原発がない社会のために一歩を踏み出しましょう。



2012年3月11日 さよなら原発3.11ひらつかウォーク
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【ひらつかウォーク集会】

「さよなら原発3.11ひらつかウォーク」集会宣言  1年前の今日、巨大な地震と津波によって、あまりにも多

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ひらつかうぉーく

Author:ひらつかうぉーく
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。