スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果を少し

午前中は曇りがちで、雨がほんの少し降ることもありましたが、12時過ぎにはお日様も顔を出し、日なたでは春の暖かさを感じることが出来ました。

開会30分にはまばらだった人の数が、風船作りに夢中で準備に追われているうちに、気付けば多くの方が会場の八幡山公園に駆けつけて下さっていました。

250人ぐらいでしょうか。神奈川新聞に掲載されるそうなので、ご注目を!

開会式の流れを少し。

 ◆開会あいさつ
 ◆黙祷
 ◆メッセージ・リレー
   福島から
    椎名千恵子さん(『原発いらない福島の女たち』~未来を孕むとつきとおかのテント村)
    中手聖一さん (『子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク』)
   イギリスから
    Peter and Yuko Galliottさん(ガンジー島)
   議員
    高山和義さん
    松本敏子さん
    渡辺敏光さん
    佐藤貴子さん  
    鈴木亜紀子さん
    端文昭さん
    (以下メッセージ代読)
    江口友子さん
    河野太郎さん
 ◆集会宣言 
 ◆東電要請文
 ◆コール練習・キラキラ星練習
 ◆ウォーク諸注意


ウォークは怪我も無く、ゴミも出ず、無事に終了致しました。

銀座通りを東に進み、ゴールのMNビル北側広場に近づく頃には、何だか終わってしまうのがもったいないような気がしました。キラキラ星も歌い足りなかったし。

解散の際には何度も有難うとお声かけ頂いたのは何よりうれしく、記念写真もたぶん、笑っていると思います。

こうした集まりが出来ましたのも、参加して下さった、お名前も存じ上げない多くの方々のおかげです。この場を借りまして改めて、深く深く感謝申し上げます。あ、それから、面と向かってはっきりしっかりお伝えできないので、この機会を生み出して下さったフジモンさんに、ここでこっそりお礼申し上げます。有難うございました!!!


散会後、実行委員は市民活動センターに戻り、反省会をしました。

その時、改めて感じたことを。

「市民活動」という言うとなにやら堅苦しいですが、つまりはそれまでそれぞれの「現場」で培った力を持ち寄って、その相乗効果で「何か」を成し遂げる、とてもドラマチックなものだと思います。もちろん、そうなるためには時間も労力も、多くはお金さえ使う訳で、決して「ばら色」ばかりではありません。ほとんどは「泥臭い」「地味な活動」です。けれど、地域や社会が抱える問題を「発見」し、その課題に応じてそれぞれの方の持ち味が発揮され、目の前の問題が解決されていく様子は、何とも頼もしい限りです。今回の「ひらつかウォーク」も、決断力があったり、行動力があったり、フットワークが軽かったり、他の方への気配りが人一倍あったり、いろんな実行委員の方々の賜物です。プラカード作りの時は、絵手紙の心得のある方がさらされと描かれているのを拝見してびっくり致しました。

きれいごとだけでは済まない、多くの社会問題。
それでもわたくしは、こうした方と出会えますと希望を持てます。悪く無いじゃん、平塚!!!

反省会の後、東電の平塚支社に「要請文」を持って行きました。ここでも記念写真というか、「証拠写真」を撮りましたよ。

それから公園に戻り、「小道具」を回収して、残りの実行委員も解散しました。


「次回」があるか、あるとしてもどうなるかはさておき、この「ひらつかウォーク」で生まれたつながりが、また違った形で活かされることを願って止みません。

参加した下さった皆々様、並びに実行委員の皆々様
またお会いできるその日まで▼今井大輔



スポンサーサイト
02 | 2012/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ひらつかうぉーく

Author:ひらつかうぉーく
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。