スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひらつかウォーク集会宣言

「さよなら原発3.11ひらつかウォーク」集会宣言



 1年前の今日、巨大な地震と津波によって、あまりにも多くの方々が亡くなり、また行方不明となり、そして数多くの避難者は今なお過酷な状況に置かれています。加えて福島では、原発が次々とメルトダウンの末に爆発し、放射性物質を大量にまき散らしました。建屋の壁を吹き飛ばし、

 黒煙を数百メートルも吹きあげるそのテレビ映像は核爆発を想起させ、絶対に忘れることは出ません。ここに「原発安全神話」は完全に崩壊し、「想定外」と責任逃れをしていた国と東電のウソが次々に明らかになっています。「核のゴミ」に関しても国内最終処分場の確保はおろか、その管理技術さえ確立していないのが現実なのです。また、原発労働者の被曝を前提とした原子力発電は絶対に許せません。このような原発は、決して人類と共存することはできないのです。



「原発さえなければ」という悔しさと怒りは、「国と東電の責任追及」「すべての原発の即時停止」の声となり、原発反対の行動に多くの人々が立ち上がりました。昨年9月19日の脱原発集会では6万人参加の画期的な大集会となりました。稼働原発は残り2基。5月には全基停止です。再稼働がなければ全原発停止・廃炉の展望が開けます。しかし、野田政権は「冷温停止状態」の発表、事故収束宣言、原発再稼働を公言し、さらに輸出により他国にまでその被害を拡大しようとしています。原発がなくても電力は確保できるのになぜ野田政権は再稼働を急ぐのでしょうか。


 
 東京電力福島原発事故は住民に高線量の被曝を強制し、多くの人々を、住まい・職場・ふるさとから追い出し、苦難と涙をもたらしてきました。しかしながら国・東電ほか誰も責任を問われていません。原発の再稼働を阻止するためには、国・東電による原発事故の加害責任を明らかにし、

 全被災者へ謝罪させると共に、二度と同じ罪を犯さないことを認めさせる必要があります。財界・マスコミ・御用学者の責任も重大です。全被災者の治療・補償・避難・生活再建などが直ちに実施されなくてはなりません。また私たち自身の責任も問い返していく必要があります。特に、子どもたちの現在と未来を、私たちは守る責任があるからです。これまでの自分を変え、社会のあり方を変える力を示して行きましょう。

 

 原発再稼働を許すのか、それとも原発の廃炉を願う人々の願いの実現か。この重大な選択の行く先は私たち一人ひとりの行動にかかっています。3.11は被災者か否かを問わず、大切な日と

なりました。福島の現実に寄り添いながら、原発がない社会のために一歩を踏み出しましょう。



2012年3月11日 さよなら原発3.11ひらつかウォーク
スポンサーサイト

東電への要請文

※こちらは開会式で読み上げ、ウォーク終了後、実行委員が東電平塚支社に持っていったものです。

  ▼   ▼   ▼   ▼   ▼   ▼   ▼   ▼  ▼   ▼   ▼   ▼   ▼   ▼   ▼  

㈱東京電力 社長殿

さよなら原発3.11ひらつかウォーク実行委員会





脱原発に向けての要求



私たちは昨年3月11日の福島原発の事故で大変な衝撃を受けました。

 福島原発の事故は思いもかけないことであり、原子力発電の技術が如何に危険なものであるかを思い知らされました。この事故で私たちが学んだことは、事故がなくても日常的な原子力発電の運転の中で現場の労働者が常に

被曝しているということでした。

 私たちは3月11日に集会と行進を実施し、集会の名のもとに以下決議しました。早急に回答されることを求めます。



1.東京電力は今回の事故の加害責任を認め被害者に対して謝罪すること

2.被害者に対する完全補償を行うこと

3.原子力発電所を廃止すること

4.現在、休止中の原子力発電所は再稼働をしないこと

5.さらなる原発被害を拡大しないために原子力発電の輸出に反対すること


Peter and Yuko Galliottさん(ガンジー島)から「国を越え、人種を超え」メッセージ・リレー 其の三 

 私達の住んでいるガンジー島は、フランスのラ、アーグの再処理施設から48km, フラマンビルの原発から46kmに位置していて、好天の日にはボンヤリと、建物が見える時もあるぐらいの近さです。
福島の悲惨な事故の後、フランス政府が、いくらフランスの原発は日本のそれと比較してずっと安全だと説得しようとしても、ここでは、それを鵜呑みにする人はいないと思います。
 安全性への信頼が根底的に覆された今、私達は、国を超え、人種を超え、このかけがいのない地球を原発無しでやっていける地球に変えるよう、団結して努力していきましょう。

Peter and Yuko Galliott.

中手聖一さんから 「それはエネルギー問題などではない」メッセージ・リレー 其の二

『子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク』(元代表)

中手聖一

“脱原発”、それは私たち福島人にとってエネルギー問題などではありません。二度と原発事故を起こさない社会にすることです。すべての原発を今すぐ永久停止にしなければなりません。私たちが体験した、そして今も続いている、恐怖と苦悩、悲しみと嘆き。こんな愚かな事を繰り返さない社会を子供たちに引き渡すこと。それが脱原発だと私は考えています。 

 その前に私たちにはすることがあります。目の前の命、子どもたちを守ることです。今も汚染地帯には25万人以上の子どもたちが放置されています。避難・保養・防護、できることは何でも行い、また日本政府にさせねばなりません。

 事故から今日で一年になりました。そして二度目の春が近づいています。

 私の周りや職場で、ぽつりぽつりと移住者の話題が増えてきました。福島ではまだ“移住”の言葉はとても重い響きがあります。それでも人々が移住の決断をしているのは、何より子どもたちを守りたいからです。

 この一年、私たちは、汚染の進行、除染の難しさ、健康被害解明のサボタージュを見てきました。被曝者として生きる定めを負った、私たち“福島人”。未来の希望を創り出せるのは子どもたちです。自ら誇りを持って福島人と名乗れる人に育てること、それが私たち大人の役目です。限られた選択肢の中で、移住を決意する人が増え始めました。私もこの春に札幌へ移住します。

 もう何十年分の涙を流しきった私たちに、原発について改めて考えることなど何もありません。すべての原発を止めることは、子どもたちを守ること、家族を守ること、仲間を守ること、故郷を守ること、そしてもう一度すべてを、当たり前の姿に作り直すことです。


椎名千恵子さんから 「聞いて下さい。そして伝えてください」メッセージ・リレー 其の一

※当日、開会式のメッセージ・リレーで読み上げ、また配布したものをここに転載致します。 


 ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ ▓ 



『原発いらない福島の女たち』~未来を孕むとつきとおかのテント村~ 

椎名千恵子

 さよなら原発 ひらつかウォークのみなさんへ

 残念ながら、福島原発は福島の問題だけではありません。そのように認識している皆さんが、今日、ここに集まっておられるのだと思います。いまだ、事故は収束していないし、傷み状態の厳しい4号機にも不安を覚えます。4年以内と予想される東京直下型地震は、横浜に二女と孫のいる私も人ごとではありません。

 

原発を日本から、世界からなくしましょう。54基のうち今稼働しているのは泊と刈羽の2基だけで、5月には定期点検で全基が停止します。そのまま全て再稼働停止に持ち込みましょう。その実現のために原発はいらない人達が繋がりましょう。

いのちより金が大事だと思って、人を支配している社会を変えましょう。

私たちも変わりましょう。

99%の力を信じて、社会や政治を変えていける人に変わりましょう。



今日、この日、福島の郡山でも同じ思いを持つ人がたくさん集まっています。

 平塚と福島の空は続いています。私たちの心をつなぎ合って、子どもたちを、

いのちを守るために立ち上がりましょう。

 すでに福島・郡山は、チェルノブイリ避難区域です。不安、分断、差別、あらゆる問題は錯綜しています。福島の痛みは、皆さんの想像をこえています。同じ痛みを、

もうこれ以上広げたくありません。ノーモア原発! ノーモアフクシマ!





皆さん、本当にありがとうございました (ガッツ・フジモン)

 皆さま、本当にご参加ありがとうございました。3.11、原発事故後、「福島が見捨てられる・・放射能汚染による命を守ること、生産者、生活者を守る こと、きっと全てが置き去りにされる」福島に生まれ育った私はそう直感しました。

 福島の人たちが、もっと声を上げるべきだとの意見を耳にすることもあ ります。しかし、コミュニティーと思考のほとんどを『世間』という感覚が支配する福島において『世間のみんな』が口にしないことを表すことはほとんど ありません。できないのです。そのためにも、首都圏の動きが福島の人たちを救う力になると信じて、私なりに出来ることをしてきました。…でも何も変わらない。国、東電による福島への謝罪はおろか生活の完全補償、健康被害解明などさらさらする気もないようです。あっても形ばかりです。そして原発の再 稼働と輸出。大飯原発再稼働を政府が公言しました。もう1年、日本の構造悪と闘ってきた人たちに疲れが見え始めている今、ここが踏ん張りどきです。変 わらないかもしれない。だけれど、変えなければいけない。私の想いはまたそちらに向かい進んでいきます。皆さまどうか、一緒に進んでください。

結果を少し

午前中は曇りがちで、雨がほんの少し降ることもありましたが、12時過ぎにはお日様も顔を出し、日なたでは春の暖かさを感じることが出来ました。

開会30分にはまばらだった人の数が、風船作りに夢中で準備に追われているうちに、気付けば多くの方が会場の八幡山公園に駆けつけて下さっていました。

250人ぐらいでしょうか。神奈川新聞に掲載されるそうなので、ご注目を!

開会式の流れを少し。

 ◆開会あいさつ
 ◆黙祷
 ◆メッセージ・リレー
   福島から
    椎名千恵子さん(『原発いらない福島の女たち』~未来を孕むとつきとおかのテント村)
    中手聖一さん (『子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク』)
   イギリスから
    Peter and Yuko Galliottさん(ガンジー島)
   議員
    高山和義さん
    松本敏子さん
    渡辺敏光さん
    佐藤貴子さん  
    鈴木亜紀子さん
    端文昭さん
    (以下メッセージ代読)
    江口友子さん
    河野太郎さん
 ◆集会宣言 
 ◆東電要請文
 ◆コール練習・キラキラ星練習
 ◆ウォーク諸注意


ウォークは怪我も無く、ゴミも出ず、無事に終了致しました。

銀座通りを東に進み、ゴールのMNビル北側広場に近づく頃には、何だか終わってしまうのがもったいないような気がしました。キラキラ星も歌い足りなかったし。

解散の際には何度も有難うとお声かけ頂いたのは何よりうれしく、記念写真もたぶん、笑っていると思います。

こうした集まりが出来ましたのも、参加して下さった、お名前も存じ上げない多くの方々のおかげです。この場を借りまして改めて、深く深く感謝申し上げます。あ、それから、面と向かってはっきりしっかりお伝えできないので、この機会を生み出して下さったフジモンさんに、ここでこっそりお礼申し上げます。有難うございました!!!


散会後、実行委員は市民活動センターに戻り、反省会をしました。

その時、改めて感じたことを。

「市民活動」という言うとなにやら堅苦しいですが、つまりはそれまでそれぞれの「現場」で培った力を持ち寄って、その相乗効果で「何か」を成し遂げる、とてもドラマチックなものだと思います。もちろん、そうなるためには時間も労力も、多くはお金さえ使う訳で、決して「ばら色」ばかりではありません。ほとんどは「泥臭い」「地味な活動」です。けれど、地域や社会が抱える問題を「発見」し、その課題に応じてそれぞれの方の持ち味が発揮され、目の前の問題が解決されていく様子は、何とも頼もしい限りです。今回の「ひらつかウォーク」も、決断力があったり、行動力があったり、フットワークが軽かったり、他の方への気配りが人一倍あったり、いろんな実行委員の方々の賜物です。プラカード作りの時は、絵手紙の心得のある方がさらされと描かれているのを拝見してびっくり致しました。

きれいごとだけでは済まない、多くの社会問題。
それでもわたくしは、こうした方と出会えますと希望を持てます。悪く無いじゃん、平塚!!!

反省会の後、東電の平塚支社に「要請文」を持って行きました。ここでも記念写真というか、「証拠写真」を撮りましたよ。

それから公園に戻り、「小道具」を回収して、残りの実行委員も解散しました。


「次回」があるか、あるとしてもどうなるかはさておき、この「ひらつかウォーク」で生まれたつながりが、また違った形で活かされることを願って止みません。

参加した下さった皆々様、並びに実行委員の皆々様
またお会いできるその日まで▼今井大輔



当日タイムスケジュール

いよいよ明日に迫りました!!!

それでは当日プログラムをご紹介します。


〔さよなら原発3.11ひらつかウォーク〕

■プログラム

 13:30 「八幡山公園」集合
      開会のあいさつ
      メッセージリレー
       福島から
       イギリスから
       議員
      集会宣言
      東電要請文
      ウォークの際の諸注意

 14:00~  ウォーク出発

 15:30頃  解散予定 (平塚駅周辺)
     -小雨決行・荒天中止-

■予定の順路、コース 
  八幡山公園~郵便局前~崇善小学校東~銀座通り~駅前解散
   →八幡山公園へは平塚駅北口から徒歩10分。駐車場はありません

■私たちの願い、コール

さよなら原発 いのちが大事~
放射能はごめんだ いのちが大事~
プルトニウムはいらな~い
再処理工場もいらな~い
原発の再稼働 許さな~い
原発の輸出 許さな~い

さよなら原発 
自然エネルギーを伸ばそう~
さよなら原発
子どもたちを守ろう~
さよなら原発 未来を守ろう~

とめよう・とめよう 原発止めよう!!
なくそう・なくそう 原発なくそう!!


■みんなの約束、参加のルール

 1.ご自分の「さよなら原発」への思いなどを表したプラカード、ゼッケン、タペストリーなどをご持参下さい。

 2.楽器、鳴り物、シャボン玉、お花、和服、ぬいぐるみ、仮装など、もちろん全てがOKです。思い思いのパフォーマンスを尊重し合いましょう。

 3.コールは元気よく、そして柔らかに、周囲に呼びかけましょう。

 4.飛び入り参加歓迎!快く迎えましょう。

 5.お子さんとご一緒の方、高齢の方、障がいをお持ちの方に気配りましょう。

 6.交通事故に気をつけましょう。

 7.ゴミを出さないようにしましょう。

 8.暴力は(言葉でも)いけません。

 9.スタッフの注意を守って下さい。

▼沿道での応援・拍手も大歓迎です!!

  ●  ▲  ■  ●  ▲  ■  ●  ▲  ■  ●  ▲  ■  ●  ▲  ■  ●  ▲  ■

それではみなさん、心よりお持ち申し上げております。

一緒に歩きましょうね

  ●  ▲  ■  ●  ▲  ■  ●  ▲  ■  ●  ▲  ■  ●  ▲  ■  ●  ▲  ■

よろずお問い合わせはこちら↓

             実行委員連絡先
               井上 080-5485-9708
               菅  090-4067-6716


全国の動き 全国でイベントは150ヶ所以上!!!

ああ、知らないのは恐い!

とってもいいサイトがありました。

☆「原発をなくす全国連絡会」 http://www.no-genpatu.jp/

◆ 全国の一覧 http://www.no-genpatu.jp/img/data/zenkoku311b.pdf
ふっ、「ひらつかウォーク」を見落としてるぞとか思いましたが、そうです、私達の手抜かりでした。反省。

他方、こうした「小さな集まり」は同じように全国各地にあるはずで、それを思うとやはり今回の動きはこの島の歴史で初めてなのでしょうね。

地元だから 金子新平

杖をついては東京に行けません。

地元、この平塚で私はやります。

ただひとつ (一平塚市民)

ただただ、原発を止めたい。

続 神奈川県下の動き

3.さよなら原発3.10いそごパレード http://www12.plala.or.jp/isogo/index.htm
こちらのみ「3月10日(土)」開催です。わたくしはその判断に勇気付けられました。ともすれば「3.11」ありきでこの象徴的な日付にこだわるということは、何のために自分達が行動するかじっくり向き合わない恐さもあるように思います。ご自身の状況に応じて、自分達で日時を選び取るということ。なかなか出来ることではありません。自戒の念を込めて。それからHPの下のほうにある「各地の集会・パレード情報」の一覧がとても参考になりました。こうした気配りは、そのまま主催者のお人柄を感じさせます。一覧から地域名だけ抜粋してみましょう。

横浜市
4.鶴見区
5.みなとみらい
6.旭区
7.瀬谷区
8.泉区
9.戸塚区
10.川崎市
11.相模原市

詳細は上記HPに譲ります。ぜひご覧下さいませ。

もっと小さな集まりも無数にあるでしょう。全国に広げれば数え切れないかも知れません。

そうして断言できます。
この島の歴史において、これほど地域、世代、背景を異にする市民がゆるやかに連携する集まりは初めてのことでしょう。そしてそのことは、そのまま被害の甚大さを物語っております。














神奈川県下の動き

3.11に向けた神奈川県下の動きを少しだけご紹介しますね。

まずは平塚市内から

1.ひらつな祭 http://shonantown.jp/ht/

  (1)駅側サウンド CLUB STYLE
             ナツメロックス(Japanese Pop)
             DJ Jiio(HipHop,R&B) 
             DJ IZU(Japanese Reggae,HipHop)    
             DJ Makoto(HipHop,R&B)   
             No Name Crew(?)
  (2)西側サウンド BAND STYLE
             心の唄バンド 
             ゴスペル~ジョイフル・クワイアーズ 
             器楽バンド演奏~とびっきりレインボーズ
             心つなげて!! コーラス<Voice>
             若い世代からの発言~レボリューションズ
             大山潤一(尺八)&関口俊輔(ギター)
             平塚のまちを守る~家具固定緊急行動
             新垣美奈子~歌とライアー(竪琴)演奏
             そのとき、何が起きたか~大震災語り部
  (3)防災関連ブース
  (4)法律相談ブース
  (5)地元商店街ブース

盛りだくさんですね。DJは全国のイベントでも活躍しています。それが平塚で実現できるなんてスゴイ!!!

それから(3)では
 ■レボリューションズ(ゴミ拾いボランティア、被災地支援展示・モニター紹介)
 ■アクティベーション・スチューデント(学生ボランティア)
の2つが特に注目です。世代を越えて、特に若い世代とつながるのが今ほど求められている時はないと思います。


2.原発いらないよねパレード(小田原「おだ地下」10:30~11:30) 
   詳細はこちらで→http://genpatsuiranaiyone.blogspot.com/
   個人的につながりのある方も関わっていらっしゃるので、勝手に思い入れひとしおです。
   「ワークショップ」形式でパレードの小道具を広くまわりに呼びかけて作るなど、いろんなアイデアで刺激を頂いて
   おります。Ustreamで中継するという情報も。


追ってまた補足します。

ひとまず。










今、労働組合の原点に立ち返って (海釣りマン)

3・11の地震・津波・原発事故を見て、最初、街頭での救援カンパ活動をやりました。その時思ったのはこの大変な事態に労働組合は役に立つのか、何かできるのか、対応できるのか?ということでした。 

 なぜなら私が労組員だからです。役員ではなく普通の組合員です。労働組合の原点は「いのちとくらしを守る」と言われてきました。組合員だけの利益だけではなく、労働者民衆全体の利益を守る立場に立って活動する、とも言われてきました。

 福島の原発事故では、多くの住民の「いのちとくらし」が脅かされ現在も続いています。このような時こそ労働組合が動くべきだと思いました。労働組合こそ反原発を打ち出し、「国と東電の責任」を追及し、住民と連携しながら進んでほしいと思っています。

 残念ながら労組の全体の状況はかんばしくない中で、市民の行動は非常に重要だと思います。
 福島の人たちと連帯する、いうことを考えた場合、「ふくしま頑張れ」ではなく、自分の生活している所での、放射能対策や反原発の行動を起こすことが重要だと思います。
今回の「さよなら原発3.11ひらつかウォーク」の趣旨である、これまでデモなどには参加したことのない人たちも参加してもらえるように、ということに賛成です。

                                海釣りマン


福島とふくしま (ガッツ・フジモン)

 3.11を境に私の故郷はふたつになりました。ひとつは生れてから高校までを過ごした原風景としての『福島』。もうひとつは放射能により汚染された『フクシマ』。これは心の中の分断を防ぐ術として自然に自分の中で育まれた感覚です。

 私は山と田んぼと川があるだけで、かつ人びとは閉鎖的な生れ故郷が好きではなく、自然の豊かさに心ひかれ、故郷を見つめ直すようになったのは40歳を過ぎたころでした。それ以後は帰郷の度に空の青さや澄んだ空気を満喫し、土の匂いや花の色合いに和まされ、自分の心の根っこを感じていました。

 そのやっと気付いた小さな幸せを奪った原発事故。私の中には愛郷心に基づく怒りを背景に、責任感と使命感を稼働させ、世の中に伝えるべき『フクシマ』が生れました。実家は原発から70キロほどの距離があり、深刻さの度合いは格段に低いことも私が「何か」をするゆとりを持たせてくれました。そう、何かをしなくては。黙っていては原発を容認することと同じです。

 2度とフクシマを繰り返さないために、思い思いの表現で「原発NO!!」を表し福島につながってください。3月11日一緒に歩きましょう。


上記の文は、会報誌「ひろば」に掲載していただきました。

02 | 2012/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Author:ひらつかうぉーく
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。